TheFutureForecast (管理人・黒子)
新旧の映画の観賞レビュー&ブックレビューや雑記等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西尾維新著作『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』を購入。
まず始めに、「戯言」シリーズよりは面白さを感じなかった。
やはりノベライズ作品ということで、原作作品からの縛りもあり出版社からの縛りもあり、西尾維新先生の本来の持ち味である勢いが足りない気がしました。

無論、そんな事は承知で購入しているので、満足か満足じゃないのか? と聞かれれば満足と答えることのできる内容でした。

さて、漫画『デスノート』のノベライズとはいえ、「デスノート」というアイテムは全くといっていいほど登場しません。
本文中で漫画『デスノート』の内容に触れる部分があり、そこで多少の記述があるのみに控えられています。

ノベライズ『デスノート』での記述は、あくまでも以前に名探偵“L”が担当して解決した事件『ロサンゼルスBB連続殺人事件』がメインであります。
また今作は、“デスノート”で人が殺されるだとか、犯人と“L”の頭脳合戦とか、正義と悪の価値観の違いだとかは一切内容に含まれていません、あくまでも推理小説、いわゆるミステリー小説だということに一体、何人の『デスノート』ファンが気付いているのでしょうね。

けれど、わざわざ副題に『ロサンゼルスBB殺人事件』と名付けてあるのだから、まさかミステリー以外の内容を期待している人たちがいるのか? というのは定かではないですけれど、そこらへんは考えてみると不親切な広告ですね。

内容といえば、基本に忠実なミステリー小説といえるので、今までの西尾維新先生の特異な設定や内容を目にしてきた僕としては、推理小説としての面白さはあるものの物足りなさを感じずにはいられませんでした。
漫画『デスノート』のファンが本作を読むと、まず内容が推理小説だという部分でつまづくでしょうし、僕のように西尾維新ファンが読むともっと“らしさ”を出して欲しかったなあ……と呟くかもしれませんね。

とはいえ、非常に文体も上手く、遊び心もあり基本的に読んでいて楽しいです。
きっと、「少年ジャンプ」本誌の読者層を狙って文体も押さえ気味にしたのでしょう、それに内容の部分にもライトな読者層を意識しての設定が盛り込まれていたので感心しました。



その感心した部分は、本文中で人が“殺される”場面が一切ないことです。
その点は、子供――特に小学生がこのノベライズ作品を手に取る事も考えた上で、非常に利点となる設定であると思います。

基本的にではありますが、推理小説で欠かせないのが殺人事件であります。
物語の中で登場人物の誰かが必ず殺され、そして探偵役が犯人を見つける……というのが推理小説の基本設定ですが、今回の『デスノート アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』では、その推理小説に必要な“殺人場面”が一切ありません。

すでに3人の被害者が殺されている場面から物語がスタートする為に、描写がありません。
また犯人を見つけるための推理方法も、被害者が殺害された現場を訪れ、犯人が残した“メッセージ”を探り出すことが話のメインテーマとなっています。

その辺りの入り込みやすさは、非常に貴重で、子供心で読んでみるとありがたさが非常に良く分かります。
ここらの設定は西尾維新先生の手腕なのか、それとも編集者の頭脳なのかは分かりませんが、とにかく賛辞を送るべき部分であると思います。

また推理部分では、西尾維新お得意の“言葉遊び”がふんだんに盛り込まれており、そのテイストのとりこになっている人間にはたまらない部分でしょうね(笑)



また、ノベライズ『デスノート アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』は、推理小説としてのトリックも充実しており、またミスリードも非常に巧み。
恐らく本作を読む多くの人が、ミスリードに引っかかるのではないでしょうか。

とはいえ、本格推理小説などのミステリー小説を普段から愛読している人間にとっては物足りなさを感じずにはいられないですし、とはいえ低年齢層に合わせている小説であると考えれば非常に質が高いというのも頷けないことはないですし……その辺の判断は難しいですね。
西尾維新先生のファンは、コアな方もライトな方もいらっしゃるだろうから、賛否は分かれるのでしょう……多分。


まあ、購入するだけの価値はあるとは思いますが、高いので敬遠しておいた方が無難かもしれません。
僕としては、実はもう片方の『xxxHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』の方が本命であったりします、『DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件』はついでだというのは内緒です。

というわけで、おやすみなさい。

記事が面白かったら、ランキングクリックお願いします。

人気ブログランキング


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 TheFutureForecast (管理人・黒子). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。