TheFutureForecast (管理人・黒子)
新旧の映画の観賞レビュー&ブックレビューや雑記等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇山日出臣氏の逝去。
「元講談社文芸局第三出版部長の宇山日出臣さん死去」

http://www.asahi.com/obituaries/update/0805/005.html


僕が大好きな小説家・綾辻行人先生の処女作品『十角館の殺人』を手掛けた編集者が宇山日出臣という方でした――だったそうです。

(詳しくは、こちら)

過去形になってしまうのは、僕が綾辻行人先生を初めて知ったのが、本当に最近の事(少なくとも2000年が過ぎてから)であるから、そんな事を知る暇もありませんでした。


僕が初めて文章の中で、宇山日出臣さんを知ったのは、やはり綾辻行人先生の小説やインタビュー記事などの情報を追っている時の事でした。
そのある所で書かれていたのは確か、綾辻行人先生宇山日出臣さんとの食事中に“館”シリーズのトリックを思いついた――という内容の物でした。

また、僕が好きなミステリー作家の作品の中や、やはりインタビュー記事やエッセイといった中で、宇山日出臣という実名で登場していたのも記憶に残っています。

綾辻行人先生から始まった?新本格ムーブメントを巻き起こし、日本ミステリー界に多大な影響を与えてくださった宇山日出臣氏に対して深い感動と感謝を覚えます。
きっと、今後もミステリー界からや、ミステリーを愛する人間のブログ等で宇山日出臣氏の訃報が聞こえてくる――実際に聞こえていますね。


それだけ様々な方に才能や人柄を愛された一人の編集者・宇山日出臣氏のご逝去を偲び、哀悼の意を表します。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

baja | URL | 2006-08-08-Tue 20:21 [EDIT]
とても残念です。綾辻せんせとのコンビネーションは抜群でしたからね。仕事だけではなく、プライベートでもずいぶんと交流があったみたいです。小説中や綾辻せんせが原作のゲーム「YAKATA」には彼がモデルのキャラが出てくるんですよ。
また、亡くなった原因が肝硬変と知ったときは「ああ、やはりな」と哀しくなりました。無類のお酒好きで、酔っぱらうと「芋虫」なる全身を使った芸で大活躍していたのは、ご存知ですか(笑?
すみません。
baja | URL | 2006-08-09-Wed 23:10 [EDIT]
お伝えしたい事があってメールしましたが(11日からの夏祭り関連)、届きませんでした。もし宜しければ、上記のアドレスまで一報お願いします。記事とは関係ないcommentを書いてしまいお詫びします。読み次第、削除して下さい。
遅くなりました……
管理人 | URL | 2006-08-10-Thu 22:58 [EDIT]
>bajaさん
とても残念ですよね。
やはり、とても素晴らしい才能をもった編集者だったんでしょうね、作家さんとの信頼関係を築いていたというのはまぎれもない事実ですね。

残された文章によって、それが十分に分かります。
「芋虫」という芸は……どっかで聞いた事があったような無いような……でも、凄い芸ですね(苦笑)


>夏祭り関連
すみません。
昨夜は分からなかったのですが、今日起きて理解しました。
某コミ(ryですねw

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 TheFutureForecast (管理人・黒子). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。