TheFutureForecast (管理人・黒子)
新旧の映画の観賞レビュー&ブックレビューや雑記等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近頃の読書記録。
前述の記事に続いて、
最近読んだ小説の感想を簡単に記載します。

 恩田陸 『ネバーランド』




久しぶり過ぎる恩田陸作品。
今までの既読作品は『六番目の小夜子』、『劫尽童女』の二つのみ……もっと読みたいけど、
最近はミステリーに昏倒しているので……(苦笑)

何故か、
家に単行本版の『ネバーランド』があったので読んだのです。
何というか、
この作品は以前に読んで趣味に合わなかった江国香織先生の『きらきらひかる』に通じる雰囲気があったのですが……面白かったです。

全く違和感を感じず良かった。
女子学校の寮に関する物語は多く目にしますが、
男子の寮内で起きた出来事を物語にする学園物語は楽しい物がありました。

ある部分の異様さはあるものの、
許容範囲内なのでOKでございやした。





 法月倫太郎 『法月倫太郎の冒険』


 
法月先生の短編推理小説。
どの短編も作者と同名の探偵が活躍しています。

印象に残ったのは、『黒衣の家』。
どうやって殺したのか?
を描くのではなく、
何で殺したのか? を推理の主旨に置いての人間ドラマはなかなかに見応えがありました。
そしてその理由至る理由が、
ある心理モデルが有名で思わず納得してしまった……(苦笑)

大好きな短編は、『切り裂き魔』。
推理部分もそうですが、
ある経緯があってのこの台詞が大好き。

>「ぼくのこれまでの人生で、最大の悔いは『アクロイド』を読む前に、
> その手の本で犯人を知ってしまったことですから」


この台詞が思わず納得で、
それだけでこの短編が好きになってしまった(笑)





 中村航 『リレキショ』



乙一先生の作品が好きな方には好まれそうな作風だと思った。
同じ事が伊坂幸太郎先生にもいえるのだろうし、
実際にこれらの小説を読む世代は重なるのだろうけれど、僕には合わなかった。

良く意味が分からなくて純粋に楽しめなかった。
何となく村上春樹先生の小説を読んだ時の読後感に似ている気がする。
一番納得できなかったのは、
ある場面での「ん?」ってあって、さらに「ん?」ってなったのに、それに対してのリアクションや答えが無かったこと。
微妙に何かイベントが発生するかと思ってたのに……





 古川日出男 『LOVE』



以前にこの方の『ロックンロール七部作』を読んだのだけれど、この小説もロックだった。
そして愛を歌っていた。

悪くは無い。
文体も嫌いではない……他の作品も読んでみたい……。
基本的に意味は分からないけどね!!(苦笑)





 町田康 『権現の踊り子』



これも↑の方と同じく意味は分からないけれど良い作品だったにゃぁ。
作風と文体が良いなぁ。


以上、感想終わり。


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 TheFutureForecast (管理人・黒子). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。