TheFutureForecast (管理人・黒子)
新旧の映画の観賞レビュー&ブックレビューや雑記等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
危険な遊具、ぬるま湯の子供。
子供の頃、近くの公園にあったスベリ台。

はじめは石。
次がステンレス。
も一度ステンレス、もしくはなんかの金属。
最後がプラスチック。

だんだんと安っぽくなっていって、変な心地がした。


子供の頃、近くの公園にあった箱ブランコ。

地面に伏せて見上げると、目の前でビュンビュン唸っていた。
“がちゃコギ”をして、空中に放り投げられた。
そんな箱ブランコは、今はもう無い。箱ブランコは絶滅危惧種。


子供の頃、近くの公園にあった砂場。

今は網がかぶさったまま誰もいない。


子供の頃、近くの公園にあったブランコ。

立ちこぎ。二人乗り。ジャンプ。飛び越える鉄柵。
ねじれ曲がる鎖。ブランコが二つ。ぶつかるブランコの激しい音。フラッシュバック。


子供の頃、近くの公園にあった木。

登った。落ちた。
登った。寝た。
登った。落ちた。落ちた。登った。落ちた。落ちた。落ちた。泣いた。笑った。

今はもう低い位置の枝が切られて、子供が登ることはなくなった。


子供の頃、近くの公園に居た子供。

ゲームも持ってなければ、ボールも持ってない。
とりあえず遊具を使った。とりあえず駆け回った。とりあえず飛び降りた。
怪我をして、つばを付けて、また遊んだ。


今の公園は何も無い。
危険な物は何も無い。

近くの公園にあったものは危険だったかもしれないけれど、僕らには必要だったものだ。
今の子供には必要ないのかもしれないけれど、僕らには必要だった。


つまり何が言いたいかと言うと……
昔あった遊具は危険だったかもしれないけど、怪我をするぐらい別に良いじゃないかって事を説明したかったのですが、言葉のボキャブラリーの無い僕には困難だったので、なるべく短く分かりやすい文字で端的に伝えられないかと苦しんでみました。

上の文章では、僕の言いたいことは伝わらないでしょう。
今度時間がある時に、再度挑戦してみます。ではでは遅いので、おやすみなさい。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

わいえす | URL | 2007-02-20-Tue 02:00 [EDIT]
傘みたいなかたちをして、
ぐるぐる回る遊具が小学校にあった。
いきおいをつけすぎて、
遠心力で体が流されて
飛ばされないように必死に手を握っていた。
というか何回か飛ばされた。
怖かったけど、いい思い出です。
あれは、いまもあの場所にあるのかな。
どうもっす。
管理人・黒子 | URL | 2007-02-20-Tue 22:56 [EDIT]
あー、そういう遊具もあったあった!
ただ、うちには無かった。
だいぶ離れた公園にはあったけど、そこは僕の縄張りではなかった。

今もあると良いねえ……。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 TheFutureForecast (管理人・黒子). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。