TheFutureForecast (管理人・黒子)
新旧の映画の観賞レビュー&ブックレビューや雑記等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米澤穂信『ボトルネック』
読了。

何となく想像していた通り、凹む感じの内容だった。
ただ、あんまりしっくり来ず、消化不良。

導入部、そして本編へとストーリーが進行し、間に挿入されるエピソードが物語に深みを与えていた。ふと挿入される過去のエピソードは端的でありながらも伏線として十分に役を果たしていて、構成力の巧みさには舌を巻くばかり。

ただ、
何と言えば良いやら……主人公の少年はいわゆるネガティブ系?、と呼べばいいのかな? とにかくそういう社会的、精神的にダウンしている少年であるのだけれど、その少年に感情移入していた僕は読んでいてどうも落ち着かなかった。
エピソードで語られる少年が恋人にかける一言と、突きつけられる現実に感傷を受ける姿が一致しなかった。

もちろんそれが少年であり、思春期を描く姿ではあるのかもしれない。
けれど僕としては、何が出来なかった、とか、気づけなかった、とか、直面する現実に対して最後まで、「誰のために?」という態度でいて欲しかった。
なので少年の終盤の呟きは、どうにも不満で、消化不良。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 TheFutureForecast (管理人・黒子). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。