TheFutureForecast (管理人・黒子)
新旧の映画の観賞レビュー&ブックレビューや雑記等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三島由紀夫賞と山本周五郎賞。
いしいしんじが三度目の落選ですか……。
誰が誰をどう推したんだろう……気になる。

結局、第20回三島由紀夫賞を受賞したのは何と佐藤友哉だった。実はあんまり驚いていないですけど。みんなに愛されているユヤタン。何となく受賞するんじゃねえかっていう気がした。
というか、『1000の小説とバックベアード』が「新潮」に掲載された時点で、ユヤタン好きの某友人に「三島由紀夫賞」取るんじゃないの?と笑いながら言っていたのが現実になってしまったのが正直嬉しい。

とはいえユヤタンの小説はほとんど読んでいない。
第21回ファウスト賞を取った『フリッカー式』と後は純文学路線の『子供たち怒る怒る怒る』しか読んでない。『フリッカー式』はいまいち好きになれませんでしたが、『子供たち怒る怒る怒る』は結構好みでした。
ユヤタンファンの知人の中には、純文学路線を嫌う人もいるのですが、僕はむしろ大歓迎です。是非ともに、ポスト舞城を狙って欲しいもんです。

そう言われるのは嫌でしょうが……(苦笑)


そして同時に発表された第20回山本周五郎賞。受賞したのは、二人。恩田陸『中庭の出来事』と森見登美彦の『夜は短し歩けよ乙女』。

恩田陸は2001年にノミネートされて以来の快挙。対して森見登美彦は初ノミネートにして初受賞。本当に凄い勢いで登ってきたなあ、という印象です。
受賞した同作で『本屋大賞』の堂々の2位、そして全国の書店で森見登美彦特集をされるほど書店員に愛されてもいますし、実際に売れています。
しかし……僕は森見作品を未だ未読だったのだ……流行遅れもいいところなのですが、今の僕はミステリ作品を読む事で精一杯なのでした。残念。

山本周五郎賞では、人気絶大の伊坂幸太郎が3度目の落選。
ちなみに伊坂幸太郎は直木賞を5回落選している。第129回『重力ピエロ』、第131回『チルドレン』、第132回『グラスホッパー』、第134回『死神の精度』、第135回『砂漠』。全て落選。
ひょっとしたら東野圭吾先生よりかわいそうなんじゃないだろうか……ほんとファンの人かわいそうだなあと思ったりもします。落とすならノミネートさせなければいいのに。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
実は、
管理人 | URL | 2007-05-15-Tue 23:11 [EDIT]
こんな事書いてしまったけれど、そんなに賞のこと詳しくないし、既読数はそれほど多くはないのです。
日記のネタがなかったので……ふがいない。
美容・コスメ・香水
| URL | 2008-09-18-Thu 00:28 [EDIT]
美容・コスメ・香水を探すなら http://www.leslieshomes.com/100939/
blondyガイド
| URL | 2008-11-30-Sun 10:48 [EDIT]
blondyの検索サイト。BLONDY セール、BLONDY 通販、BLONDY 店舗、BLONDY SALE、BLONDY ブログなどblondyに関する各種情報をお届けしています。 http://maxi.hartmerrell.com/

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 TheFutureForecast (管理人・黒子). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。