TheFutureForecast (管理人・黒子)
新旧の映画の観賞レビュー&ブックレビューや雑記等。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所』を読了。
ひとまずこの手の作品としては豪華すぎる作家陣でしたし、楽しめました。
とりあえず書かれた作家さんごとに感想。


一番手、大沢在昌先生
著作:「新宿鮫」シリーズ、「アルバイト探偵」シリーズ等

 正統派といった感じの無理のなく、そして上手く自分の作品に『こち亀』を引き込んだ良作だと思います。
 「新宿鮫」シリーズを未読なので、その辺りのキャラクターは知らないのですが、さすがは大沢先生。一切問題のないキャラクター描写で、すぐに把握できました。凄いよな……。

 登場するキャラクターも両さんのみとシンプルですし、ご本人のハードボイルドの文体と相まって、非常に良いコラボレーションでした。

 順位を付けるなら三番目。


二番手、石田衣良先生
著作:「IWGP」シリーズ、『4TEEN』等

 いや、何なんだろう。これ。
 これはわざとやっているのだったらそれはある意味で凄いし面白いけれど……。『こち亀』を長年読んできた読者として一読すると、石田衣良先生はちゃんと読んだのか? と勘ぐってしまうほど。
 いくらコラボレーションで、パロディだといっても不満しか残らない。僕の頭が固いのかどうか分からない……だけど面白くない。

 順位を付けるなら最下位。


三番手、今野敏先生
著作:「ST」シリーズ等々

 文句無く良かった。
 コラボレーション作品としてどうなのか、という議論を挟み込む余地はありそうですが、僕としては満足でした。両さんを間接的に登場させる事によって、何か凄いゆとりがあったように感じた。
 違和感なく両さんという人格がその間接的に登場させることによって、明確にキャラクターが表現できていた。きっと『こち亀』読んでるんだろうな……と思わせる部分もいくつかあって、大満足だった。

 順位を付けるなら間違いなく一番。


四番手、柴田よしき先生
著作:「花咲慎一郎」シリーズ、「猫探偵正太郎」シリーズ等

 一人称で物語るのは、石田衣良先生とこの作品だけなんですけど、どちらも満足できませんでした。いきなり登場する秋本麗子巡査のキャラクターが破綻してカオスだった。
 こんなキャラクターじゃねえよ……、素敵な麗子巡査をこんなギャルっぽくしないで欲しいっす。まじお願いっす。

 『こち亀』名物の人情話にしっかりオチもつけて、まあそこらへんはらしいといえばらしいのですが、やはりキャラクター描写と各設定部分に難有り。

 順位を付けるなら六番目。


五番手、京極夏彦先生
著作:「巷説」シリーズ、「京極堂」シリーズ等々

 文体といい内容と遊び加減やギャグといい何とも京極さんらしくて、京極先生の作品を愛読している僕は楽しめました。含み笑いを漏らしつつ、読ませて頂きましたが、でもやっぱりキャラクター描写に難あり。
 もうあれなのだろうか、キャラクター描写に関しては突っ込んじゃいけないのかもしれない。でも、どうしても大原部長と寺井の言葉使いが気になってしまうんだ……。

 ミステリ作家らしい構成に自身の作品で遊んでいる感じは、本当にユーモラスで面白かった。

 順位を付けるなら四番目。


六番手、逢坂剛先生
著作:『カディスの赤い星』、「御茶ノ水警察署」シリーズ等々

 多分、逢坂剛先生らしい作品なのだとは思いますが、逢坂さんの作品を読んだ事がない僕には余り楽しめませんでした……。書いた作家さんの著作を読んでいる読んでいないで、感想に差が出てしまうのは仕方が無いですね。
 だけれど、初見の読者にも楽しめるように書かなくてはいけないのが作家なんじゃないか? という部分もあって、果たしてどうなのやら……難しいところです。

 描写や設定にはそれほど違和感を感じずに済みましたし、ストーリーも楽しめました。

 順位を付けるなら五番。


七番手、東野圭吾先生。
著作:たくさん

 いや、さすがだなと。
 キャラクターをそつなく使いこなして(大原部長は登場しませんが)、テンポ良くストーリーを組み立てていき、最後のオチの部分も見事。まさしく、分かっていらっしゃる……と、感嘆するしかありません。
 好みだと今野敏先生の作品が一番良かったのですが、構成などを考えると東野先生の作品が一番優れているのかも、という素人考えを言ってみたり。


 現実的な部分とありえない荒唐無稽な作り話の部分なんかが、本当に『こち亀』らしくて素晴らしく面白かった。ただ、やはり好みで選んでしまうと、今野敏先生の作品になってしまう。

 というわけで、順位を付けるなら二番。


 以上、『小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所』の感想……になっているかは分からないですが以上。疲れました。読んでみないと分からない部分100%です。文才の無さがはっきりと分かります。

 あえて順位を付けてみましたが、上位には実はそれほどの差はありません。あくまでも個人的な好みと印象。確実に悪かったのが二つあって、それ以外の作品はコラボレーションとして非常に楽しめました。

 悪かった二つも、一つが極端に悪いので(あくまでも個人的に)、本当に悪く言うなら一つだけでも良いのですけどね。というか、そもそも僕はあの先生の作品が全く合わないということを忘れていました。
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
合気道
| URL | 2008-09-16-Tue 10:59 [EDIT]
合気道を探すなら http://www.mikefannon.com/101070/501961/
紫外線吸収剤ダイエットについて
| URL | 2008-11-27-Thu 08:28 [EDIT]
紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収し、人体に影響の少ない赤外線や可視光線などのエネルギーに変換して放出する物の事を言います http://fascist4.victoriaclippermagazine.com/

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 TheFutureForecast (管理人・黒子). all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。